税理士の独立、ホップ・ステップ・ジャンプ!

独立開業のコツ

得意分野を明確にする

ラーメンが美味しいと評判のお店には、ひっきりなしに行列ができ、評判が評判を呼びます。同様に、税理士も自分の得意分野を明確にし、結果を残すと評判になり千客万来となることでしょう。
しかし、なかなか得意分野を明確にするのは難しいと思います。「相続問題ならあの先生がいい」「事業承継のことならあの先生にお任せ」といったように、特定分野のスペシャリストになると、顧客からの信用も増し、税理士として独り立ちできる日も早いと思います。
一方で、税理士1人が抱えられる案件の数には限界があります。なので薄利多売のような仕事の仕方では、いずれ立ち行かなくなることは自明です。
付加価値のあるサービスを提供し、それに見合った報酬をいただけるような税理士が理想ではないでしょうか。

営業力を身につける

税理士が独立開業し、成功するためには、営業は非常に大切な仕事です。営業力によってその税理士事務所の命運が決まると言っても過言ではないと思います。
最近は、営業が苦手でも、ウェブサイトなどを通じて顧客獲得ができる時代です。もちろん、顧客を惹きつける仕掛けや工夫は必要です。そういった意味では、営業センスや顧客ニーズを把握するスキルは大切です。
ちなみに、近年増え続ける税理士によって、仕事の奪い合いが発生している状況です。その結果、税理士顧問料も低下傾向にあります。また、税理士の数が増える一方で、企業の数は減少傾向のため、競争激化に拍車をかけています。
厳しい競争に勝つためにはあらゆる手段を講じた営業戦略を展開しなくてはなりません。マッチングサイトやブログ、SNSなどのネット集客やセミナーでの集客、昔ながらの飛び込み営業やチラシ配布による集客など最大限に活用し、効果的な営業力身につけてください。


Share!
B!

ページTOPへ