税理士の独立、ホップ・ステップ・ジャンプ!

税理士が独立するまでにやるべきこと

開業資金の準備あれこれ

独立開業するには、どれくらいの資金がかかって、年間でかかる経費がどのくらいなのか、必要な資金のコスト試算を行うことは必要不可欠です。
ざっと考えて、独立開業に最低限必要だと思われる経費項目にはこのようなものがあります。

事務所の敷金、礼金、賃貸料
名刺作成費用
チラシ作成費用、WEB作成費用
パソコン・デスク・応接セットなどの事務用品費用

なんだかんだ意外と費用はかかるものです。開業当初は、大きな収入も見込めないと覚悟していた方が良いと思います。ですから、開業してすぐに資金難でどうにもならなくなってしまうことのないように、独立前から準備資金の調達、確保はもちろん、金融機関の支援サービス、行政の補助制度に関する情報集めを入念に行い、準備資金をしっかり用意しておきましょう。身の丈にあった慎重かつ緻密な資金計画が、独立開業の成否の明暗を分けることになります。

事務所づくりのプラン作成

独立開業にあたっては、安定した収益確保が重要です。そのためには、事務所の立地条件を考慮することは非常に大切です。集客効果を見込める駅前は理想ですが、当然、賃料も高いでしょうし、その一方で立地的には競争も激しくなって新規開拓は難しくなります。安易な立地選択は避け、まずは需要やニーズに関するリサーチをしっかり行いましょう。
そこではじめて事業計画に見合う立地条件も見えてくると思います。
不動産会社からアドバイスをもらい、判断するのも良いかもしれません。

ちなみに、最初はコストセーブも兼ね、事務所を借りず自宅開業するケースも多いようです。賃貸料も浮いて、資金計画も立てやすくなります。営業戦略との兼ね合いも踏まえ、最適な方法を考えましょう。


Share!
B!

ページTOPへ